lyrics

refreshing memory

words:Shinichiro Yamashita
music:masa
arrange:masa

 街では 少し気怠いような空気が
 生まれる夏の風に混じり 融けてゆく

 ぬるくなってた缶の中身から逃げて
 入るのを選んでる店先は どれも変わらずに

 そのとき君のことを思い出して 知らぬまに笑ってた
 いつでも忙しそうに 駆け足でオーダーを運んで
 それでもどこか楽しそうな横顔 眺めてるだけで涼しくなれた

 言葉もすぐに掻き消えそうな雑踏に
 この手を伸ばしても 重たいだけだけど

 雲が隠した太陽の影絵からは
 防ぎきれない程のまぶしさが覗いていたね

 そのとき君の姿が重なって 目をふっと細めてた
 いつでも明るく夢を話してた ずっと追いかけてた
 そのたび僕も同じ夢を見てた 吸い込まれそうな君の瞳で

 上がってゆくアスファルトの温度がそこに
 夏の記憶の陽炎を作る

 そのとき君のことを思い出して 知らぬまに笑ってた
 いつでも素直で無邪気な仕草が 一番の魅力で
 そうだよ君の楽しそうな横顔 眺めてるだけで涼しくなれた

 

masa:vocal,background vocal,programming,keyboard,EWI

<<BACK