lyrics

ローレライの雪

words:Shinichiro Yamashita
music:masa
arrange:masa

 冷たさが冬の海辺に呼ぶ 人恋しさを
 残されたひとつの足跡がまた招きだして

 思い出すあの日 ふたり眺めて いつのまにか
 降り出した雪はそう 空への道を繋げるように

 この場所で 静かに満ちるたび返す波は
 忘れない 優しさを歌ってた君の調べ
 どれくらいその音色に誘われてゆけば・・・

 吐く息はどこまでも流れる 雲と同じで
 切なさをその白さに隠したまま 見えなくなる

 離れゆくあの日 君の背中を照らしていた
 夕暮れの陽射しには 戸惑いはないけれど、それでも

 今もまだ この胸に響いてやまないのは
 還らない 横顔が奏でてた蒼い調べ
 どれほどにこの心は惹かれるのだろう・・・

 少しずつ 君への想いが海の向こうへと
 流されて 消え始めてることに もう終わりは近い
 雪の結晶は大切な一瞬(とき)の欠片
 確かにふたりで過ごしたこと 出逢いと別れを込めて
 そっと溶かしてゆけたら・・・

 この場所で 静かに満ちるたび返す波は
 忘れない 優しさを歌ってた君の調べ
 今はもう 小石を投げるほど拡がりゆく
 還らない 絆をほどくような波紋の音
 いつまでもその音色に揺られ続けるのもいい・・・

 

masa:vocal,background vocal,programming,keyboard

<<BACK